since 2002/01/01
lastupdate 2003/02/28
   

ちょっとした VBA サンプル

ここでは、ACCESS と PostgreSQL の連携において、あるとちょっと便利な、 それでいてなくても困らないような(^^;;; サンプルコードを置いておきます。
実を言うと、私は他の方が作った VBA コードをあまり見たことがありません。 したがって、そもそもコードの作り方が一般的でない可能性や、あまりおりこうさんでない可能性があります。
基本的に自分のスタイルでの開発上必要に迫られて考えたものなので、開発スタイルが違う場合は役に立たないものも多いと思います。 役に立ちそうな方はご自由お使いください。 また、あなたのシステムに損害を与える可能性や、他の環境では動かない可能性も否めないので、 使用に当たってはご自分の責任で使用してください。作者はいかなる損害も補償できませんので。
尚、著作権は放棄しませんが、参考になれば参考にしていただき、ご自由にお使いください。 ただし直接利益を生じる行為やコードの二次配布はしないでください。ま、する程の価値もないって(^^;;;


getSQL

getSQL

私はいつも思うのですが、データ更新用の SQL を書くのって面倒じゃありません?
カラムが多いと長くなるし、結構間違う事が多いし(^^;;;
そこで、リンクテーブルのカラム名とフォーム上のフィールドのデータを使って自動的に SQL を作成する関数を作って使っています。 これを使うと、SQL の間違いはほぼ無くなりますし、使い回しが効くので開発効率が(少しは)上がります(^^;;;
ま、大したコードでは無いので、必要な方のみご覧ください。